オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【J1:第22節 鹿島 vs 京都 レポート】
オウンゴールで辛勝し、優勝争いに何とか残った鹿島。
内容では上回りながら勝ち点を奪えなかった京都。 [ J's GOAL ]


9月10日(日) 2006 J1リーグ戦 第22節
鹿島 1 - 0 京都 (19:04/カシマ/9,142人)

 鹿島アントラーズの合計シュート数はたったの5本。
期待のアレックス・ミネイロと柳沢敦の2トップは
1本もシュートを放つことなく途中でピッチを後にした。
パウロアウトゥオリ監督も「正直、内容からしたら勝っていることがおかしい。
我々は気持ちが入っていないし、試合中に檄を飛ばしたり、
修正する声もなかった」と怒りを露にした。


指揮官は「次の清水戦(16日)までどうするかじっくり考えたい。
が、FWの陣容に変化があるのは確かだ」と断言。
柳沢の先発落ちも考えられる。
今後の終盤戦で巻き返しを図るためにも、新たな起爆剤がほしいところだ。


柳沢の先発落ちも考えられる。


柳沢の先発落ちも考えられる。


llllll(-ω-;)llllllガーン…だ。
まぁ、今までよく我慢して使ってくれたって感じは
しないでもないけど・・・

いよいよダメなのかぁ~?!

でも、スタメン落ちとなったら
やっぱりショックだなぁ・・・

もうヤナギは限界なのかなぁ・・・


ショボーン(´・ω・`)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。