オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柳本ジャパン、決勝ラウンド初戦でロシアに敗れる 

女子バレーボール、ワールドグランプリ決勝ラウンド第2日が7日、
イタリア・レッジョカラブリアで行われ、
柳本晶一監督率いる日本代表は、ロシアと対戦し、
0-3(15-25、22-25、27-29)のストレートで敗れた。
日本が所属するプールBは、ブラジルが1勝、ロシアが1勝1敗。
日本が準決勝に進出するためには、8日のブラジル戦に勝利することが必須条件となった。
日本は対ブラジル17連敗中。厳しい戦いが予想される。

【日本・先発メンバー】
竹下佳江、木村沙織、小山修加、高橋みゆき、荒木絵里香、石川友紀(リベロ:菅山かおる)

・バレーボール・ワールドグランプリ特集

2006年09月08日 01時54分 livedoor スポーツ




すごいミスが目立った試合だった。
簡単に点をあげすぎ。

決勝ラウンドになって、イタリアが本気になったのか?
それとも、日本が決勝来ただけで、満足しちゃったのか?
それともアゥエイだから???

3セット目は獲って欲しかったなぁ。
リードしてたのに・・・

あいかわらず、木村沙織が狙われていた。
サーブレシーブ、今まで以上に練習しないと
これからずっと狙われちゃうよぉ・・・(>_<)
海外からオファーがあるくらい(断ったみたいだけど)
いい選手なんだから、もっともっと上を目指して
成長して欲しいと願う。

今日はブラジール。
粘りのある日本のバレーをして欲しい。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。