オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の公式会見は、遠藤選手でした!!!

毎回変えるんだね。
今までもそうだったん?

J's GOALの遠藤選手の写真、いい感じに映ってる。
緊張感もなく自然な感じ。ココ

遠藤選手って、あんま緊張とかしなそうだよね。なんとなく。
ガンバでもそんな感じだし。

でも点が入るとオンブするね。ちょっと+.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ
今んとこ、高原選手と俊輔選手にオンブしてるけど
他のメンバーが決めたら、やっぱりするのかな?

たとえば、羽生選手や、憲剛選手とかにも・・・www

どうなのか密かに楽しみなので、どうか他の選手も得点して下さい(笑)

さて。前日会見より抜粋(J's GOALより)

●オシム監督
『ベトナムにとって明日は歴史的な試合だろう。今まで内容も伴っているし、ホームだし、ベトナムに有利な条件が揃っている。観客も多いし、彼らは気候にも慣れている。明日のゲームは対戦相手に有利な材料が多い。その上でどんなゲームになるのか言い当てるのは難しい。』

『1位でも2位でも通過することが第一の目標。まずは突破してからその先のことを考えることになる』

『サッカーは何が起こっても不思議ではない。日本が明日負けたらどうするかと聞く人が1人もいないことが不満だ。数学的にはあらゆることが可能。ポジティブなことばかり考えていても仕方ない。あらゆる状況を想定して、オプションを持っていたい。試合のクオリティ以外のさまざまなことに気を使わなければいけない。いい試合をしてもグループリーグ敗退はある。違った角度から考えてもいいのではないか。試合前に情報を得た方が、終わった後にどうしてこうなったのかと疑問を持つよりいい。今の回答に気を悪くされる方がいるかもしれないが、それがサッカーの現実だ』

Q:もしも日本がグループリーグで敗退したらどうするのか?
(オシム監督)『それはまた別の話だ。日本サッカー協会に聞いてください』

Q:日本のやりたいサッカーができない状況もありえるが、その時にどうプレーしたらいいのか? 選手たちのやっていることに満足しているのか?
オシム監督)『満足してはいけないと前にもお話したと思いますが』



最後の2つの質問。
日本の記者じゃないよね???
同じ質問を何度もすんなっ!感じやねぇ。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・


続いて、遠藤選手のコメント

『僕が言うのも何なんですが、2戦目に勝ってチームもさらに一体感が増したし、勝つことのうれしさ、責任の重さを痛感している。チームはいい状態にある。ベトナム代表はサポーターを味方にして勢いのあるチーム。まずは引き分けは考えていない。勝つことだけを考えて多く走り、チャンスを作って、ゴールに結び付けられるようにしたい』

『監督からは多くのことを学んでいるし、何よりも僕自身がそれを痛感している。もともと運動量が多かったかどうか分からないが、運動量は増えている。走らないとサッカーはできない。走ることは当たり前のことだと思っている』

Q:3年前の優勝の時と比べてチームの雰囲気、チーム完成度などどう違うのか?
『監督もメンバーも違うし分からないけど、今、オシムさんの下でやるようになって1年が経ち、この大会に来ている。チームとしてやりたいこと、やろうとしていることが明確になってきている。選手も理解してきている。最高点を追求しても届かないとは思うけど、今の段階でもいいところに来ている。あとは精度を高めたい。雰囲気も素晴らしい中でやれている。次に勝ってさらにチームの結束力を高めて行きたい』

Q:遠藤選手に伺いますが、オシム監督のキーワードは走るサッカー。言い換えると『走れば、いいサッカーになる』ことをオシムさんから学んだのか?
『僕自身、間違いなく走る距離が増えたし、ビッグチャンスを何度もつかんだ。オシムさんから学んだことはある。でもただ走ればいいわけでもない。走らずに勝てば一番ラク。頭を使って走らなくていいプレーができればそれでいいこともある。状況によって考えながらやっています』




分かりやすいコメントだなぁ。
同じような質問もある気がするけど(^^;

ドイツ杯から1年かぁ。
遠藤選手、変わったね。技術的なことはよく分からないけど
運動量が増えてるのは分かる。
海外組みに押し出されてた選手ではなく、
今じゃすっかりオシムジャパンの核になって、自信に溢れてる感じがする。
今なら、海外組にも負けないね。

遠藤選手に限らず、オシムジャパンのメンバーは
どんどん輝きを増している気がする。
視聴率低下とか、観客動員数とか色々言われてるけど
トリニーダトバコ戦の時から比べたら、みんな間違いなく
自信にあふれ、タフになり、でかくなってきていると思うし
ハードなオシムトレーニングをこなして来たからか
後半バテバテって言う感じはなくなって来たと思う。
高温多湿なハノイでも、遠藤選手も言ってるように、
いつもとそんなに変化がない感じがする。

ずっと召集されてるメンバーは得に。

遠藤だけじゃなく、啓太なんかも、よく走ってるし
それにミスも減ったよね??
まだまだなんだろうけどさ。

憲剛はすっかりスタメン確保してきたし。
みんな成長著しくて+.゚(*´∀`)b゚+.゚イィとあたしは思ってます。

オシムジャパンになってから、何試合したんだろ。
多分11試合くらいだと思うんだけど。

少しずつかもしれないけど、何かがよくなり
そして、修正点を見つけながら、強い日本代表になって来てると思う。

そのことを証明するためにも、明日は絶対勝って決勝トーナメント
進出を決めて欲しい。


頑張れニッポン!!!


本日の他国の結果。

グループC
中国 2-2 イラン

グループD
バーレーン 2-1 韓国



って書き終わったら、他の選手のコメントがアップされてました。

↓へ追加します。
●坪井慶介選手(浦和):
「(途中からレギュラー組に入った?)そういうこともあるということ。相手がどうくるか分からないけど、想定しながらやりなさいということでしょう。ミーティングは軽くやった。監督とは話していない。(相手の2トップがポイント?)それだけじゃないし、チーム全体が動き回ってくる。それにどれだけ混乱せずに冷静に対応できるか。スピードというか、相手は継続的に走ってくる。どれだけ落ち着いて対応できるか。相手もバテてくるし、そういうところを突いていくこと。(試合を外から見て?)日本はしっかりボールを動かして失わずに運べれば相手も疲れてくる。そうできたらいい。相手もどう出てくるか。ピッチに立って選手が判断することだ」

●遠藤保仁選手(G大阪):
「(FKの練習は?)前回は壁の作り方が甘かった部分があった。場所や位置で判断して蹴りたい。ベトナムは大きい選手がいないし、スピードというよりしっかり合わせればどんどんチャンスも増える。芝はここ(ハノイスタジアム)とは若干違うけど。日本の場合大きい選手は佑二(中澤)だけだけど、阿部ちゃんもタカ(高原)もいる。ターゲットが1人より2人の方が蹴りやすい。高ければ高いほどいいし、大きな武器になると思う」

●中村憲剛選手(川崎F):
「(急に雨が降ってきたが?)明日は天気がどうなるか分からないけど、しっかり対応したい。向こうは非常にアグレッシブ。前を向いたら信じて走ることが大事。守備になったら4枚4枚でブロックを作って守ってくる。非常に頑張るチーム。ビルドアップの時、自分と啓太が横並びにならないようにしたい。タテ関係の方が中盤でうまくスペースができる。サイドバックとか俊さん(中村俊)、ヤットさん(遠藤)も空く。そこをうまく使いつつ、シンプルにボールを回したい。ボールを走らせることがポイント。UAEとカタール戦を見ていたらベトナムは途中でボールウォッチャーになっていた。そこは狙い目。身長も低いんで、何回に1回はロングボールを入れてもいい」

●巻誠一郎選手(千葉):
「状況に応じて自分の役割を考えながらプレーすること。しっかりと試合に順応してやっていければいい。(ベトナムの戦い方は?)もっとガツガツ来るかと思ったけど、基本のスキルがしっかりしている。ボールへの執着心もすごい。気をつけなければいけない」

●加地亮選手(G大阪):
「とにかく明日は勝ちたい。移動したくないというのもあるし。でも簡単に勝てる相手じゃない。大声援を受けてさらに力も出るだろうし。(重慶の経験が生きる?)それはある。あれだけの経験はなかなかできない。ヘンな声援に惑わされず、落ち着いて確実にやっていくことが重要。お客さんが沢山いれば、こっちも盛り上がるし、向こうもプレッシャーを感じるはず。(相手の分析は?)ビデオはある程度見た。ベトナムの特徴とかは分かった。個々の役割とかキープレーヤーに関しては見てない。印象を言うと、頑張る、走る、取ったら早いという感じ。でも高さはないし、クロスが効果的になっていく部分がある。状況によるけど、相手に引かれている時は高いボールを入れるようになる。状況によって判断したい。日本は引き分けOKかもしれないけど、勝ちにこだわりたい」

●鈴木啓太選手(浦和):
「(カタール戦のベトナムは70分くらいから落ちてきたが?)そこが1つのポイントになる。そこに自分たちのヒントがあるのかなと。(今日は少し体が重かった?)一番大切なのは明日のゲーム。とにかくこういう環境だし、力の使いどころが重要になってくる。それを考えながらやりたい」

●中村俊輔選手(セルティック):
「(FK練習は?)ゴールに近い時にいろんな状況を考えながら蹴る。どの場所でどんな蹴り方をすればベストかを判断すること。それは明日の試合うんぬんではなくいつものこと。(紅白戦で相手の方が動きがよかった?)自分たちはこっちで2試合やってる訳だし、やってない人の方が動ける。試合に出ていない人がああやってアピールするのはいいこと。実際誰が試合に出るかも分からないし、いい意味でプロフェッショナルなチームだと思う。この間のベトナムはカタールに点を取られてからピタリと動かなくなった。明日は4万人くらいは向こうにつくだろうし、それをプレッシャーにさせればもっと動けなくなる。例えば1-0で折り返して、後半の早い時間帯に2点目を取れば、サポーターは期待していた分、静まり返る。4万人がそうなったら選手もやる気がなくなる。そういうのが理想の形だ」


以上J's GOALより
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。