オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UAE戦の興奮さめやらず、今日は録画したやつを
もう1回見た。

何度も巻戻して・・・
なかなか試合が終わらない。
(( ´∀`))ゲラゲラ


UAE戦は、オシム監督、前半から立ってた。
前半から勝負の合図(勝手に決めるなっ!って話・・・笑)

監督も汗だくだったな。
なぜ長袖なのか、不思議なんだけど・・・
誰か理由をしりませんか~??

前半のうちに3点。

1点目のオシム監督
( ̄ー+ ̄)


解説によると、ベンチで喜ぶ選手達に
『まぁ、まぁ、落ち着け』みたいな感じだった様子。
余裕あり?!


2点目
(*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!


高原の2点目が決まった瞬間。
(*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!だよね。
自信満々の顔!!

3点目の俊輔のPKの時は監督映らず。残念。
このとき、イエロー出てるらしいから、なんか反応あったと思うけど。

前半は完璧だったな。
高原、絶好調!!みたいな。

実際は、体調不良だったらしいけど・・・
さすがだぁ。

後半は、UAEのラフプレーが増えて、チャンスをつぶされた感じ。

憲剛と高原で攻め込んで、高原が倒されたときの
オシム監督のジェスチャー

┐(´-`)┌

おしかった・・・
ファールにもならなかったし。

UAE側にレッドカードが出て10人になった。

が・・・
日本も疲れてきたのか、なんとなく守りがルーズに・・・

と思った瞬間、カウンターで1点取られる。

失点

失点ですよ・・・


後半は、オシム監督の声がいっぱい聴こえた。

『こま~~~!』
『ケンゴぉぉぉ~~~!』
『こーき~~~~!』

みたいな(笑)

ケンゴ→水野へのパスの後、憲剛のこと怒ってた。

(-_-メ;)テメ・・・


こわっ!(爆)

とまぁ、こんな感じにまとめてみました(笑)
うち、テレ朝の映りが悪いんだよねぇ。。。
画像悪すぎだよね。
( ̄- ̄メ)チッ


最後は珍しく遠藤の試合後のインタビュー
遠藤選手


この試合に関しては、あたし的、MVPは遠藤かな。
前へ前へ攻めてたし、後半は試合を落ち着かせたり。
ブラボー!!です。


試合後のコメント載せとこう。↓
試合後のコメント(J's GOALより抜粋)

●オシム監督
『一番うれしいのは、私だけでなく、選手たちが元気で試合を終えることができたことだ。試合結果よりも選手・スタッフの誰もが心臓発作をしなかった。それほど困難な気象条件(気温33℃、湿度85%)だった』

『ゲームを左右したのは、どちらが相手を走らせることができたかという点だ。結果として、我々の方がボールをより多く動かして、対戦相手をより走らせ、疲れさせることができた。今日の試合は90分どころか、45分でも大変だったと思う。しかしボールは疲れない。気温には関係なく走らせることができる。結果的にはこちらのペースで試合を運べたし、勝つことができた。しかし、もしもUAEが先制していたら、どんな試合になっていたか分からない。その場合は、我々の方が走らされていたかもしれない』


●鈴木啓太選手
『早い時間に点を取れたのは、試合を進める上で落ち着いて焦らずにできた要因の1つだと思う。いつも通り、リラックスしてできた。
ただ今日の失点の場面もそうだけど、自分自身が絡んでいる。それは反省しないと。』

●中村憲剛選手
『サイドを崩してセンタリングとかそういうのがうまくはまった。カタール戦は追いつかれたんで、そうならないように最後までコミュニケーションを取って臨もうと話した。後半は特に難しくなるし、相手も2人を代えてきたから、慎重に行かないといけないと思った。』

●中村俊輔選手
『後半も途中までは良かったけれど、1人減ってもうちょっと回してもいいと思ったけど。交代についてはもう少し早く代わるのかなと。3-0の状態になったらイエローももらっていたし代えられる状況だった。晃樹(水野)もシュートを打ってたし、ヤマ(山岸)や寿人とかもチャンスがあった。チームで勝つためにはスタメンじゃない人が頑張ることもポイント。
今日も後半だけ見たら負けている。失点シーンも人数が揃っていたのにやられた。そういうのは反省しなきゃいけない』

●加地選手
『後半ちょっと締まらないゲームというか、向こうのロングボールの攻撃やカウンターの守りがちょっとね。最初から今日は2点目、3点目を狙っていた』

●川口選手
『前半いい形で得点を重ねることができた。いい時間帯に先制して、彼らが前に出てきたところをうまく突くことができた。ただ3点をリードしたところで気の緩みが出たのかもしれない。相手が少ない状況なのに、失点されたことは反省しなきゃいけない。ボールを奪われて1本のパスでシュートまで持っていかれた。ああいう形にはドリブルする前に体を寄せていかないといけないし』

●阿部選手『相手が少なくなってから失点したことは、もう1回考えなければならない。自分たちのペースでやっていながらカウンターから1点を取られた。ボールの奪われ方も悪かった。そういうミスは上に行けば行くほど危険』

●遠藤選手
『立ち上がりからみんな気持ちが入っていた。勝てたことが自信につながる』

●高原選手
『昨日の夜、ちょっと全然寝られなくて、体調を崩した。ムリしてやるよりフレッシュな選手を入れる方がチームのためだと思ったんで、自分で交代を要請した。
相手がそんなに引かずにきてくれたんで。相手に多少回される部分があったけど、うまく対処して点を取れた。前半3点を取ってゲームを決められた。
監督からは引いてこなくていいと指示されたんで、前ぎみのポジションを取って、タイミングを見てスペースに入りながら動いた。結果を出したのは良かった。勝たなきゃいけないゲームで勝てたことが良かった。勝たないとチームの雰囲気とか上がってこないし、自分たちが結果を出すことで次に向けて頑張っていこうという循環というか、リズムをつかみたいと思っていたから。こういう大会は勝ち進めば勝ち進むほど力になる。今日勝てたのは良かったよかった。反省するところもあるけど、そのへんは監督に言ってもらって次に行くだけ』



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。