オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、国内合宿が終了した。

いつものように、大学生との練習試合で終わった。

今日のニュースには残念ながら、播戸のケガ情報があった。

残念ながら、離脱・・・

▄█▀█●ガーン だよぉ・・・

播戸はムードメーカーって感じするしぃ・・・
あの溢れんばかりの闘志を持った選手は、今の代表には播戸くらいしか
いないのではないの?!

ホントに残念でなりません。

播戸の代わりは、伊野波になった。
【AFCアジアカップ2007】日本代表チーム 播戸選手が離脱、代わって伊野波選手を招集(07.07.04)

それと、闘莉王の代わりに、藤本が予備登録されたとのこと。
【AFCアジアカップ2007】日本代表 予備登録選手変更(07.07.04)

明るいニュースとしては、坪井が練習試合に出場した。
とりあえず、離脱はないようで一安心。


明治大学との練習試合の結果を。

J's GOALから抜粋。
1本60分で2チームが出場する。

1本目
 GK=川口、DF=加地、中澤、阿部、駒野
 ボランチ=中村憲剛、鈴木、トップ下=羽生
 FW 播戸、巻、佐藤
・得点 巻(11分)、巻(17分)
・交代 30分・播戸→水野、43分・川口→楢崎


2本目        
 GK=楢崎
 DF=水野、坪井、今野、山岸
 ボランチ=橋本、右MF=中村俊輔、左MF=遠藤、トップ下=太田
 FW=矢野、高原
・得点 中村俊輔(4分)、高原(46分)、矢野(50分、55分)
・交代 22分・楢崎→川島

試合結果は6-0で日本代表の勝ち。
オシム監督は、『走れていなかった』と。

どこの記事を見ても、疲れからミスを連発みたいなのが多かった。
それを見越しての実戦練習だったと思うから
その中で、選手達がどれだけ出来たかってとこが大事なんだろう。

今日の夕方ハノイへ出発。
これからは現地での調整だ。
どうか、これ以上、ケガ人が出ませんように・・・

もう出発したかなぁ・・・
成田に行きたい( ̄o ̄;)ボソッ


昨日の練習試合後のオシム監督コメント(J's GOALより抜粋

Q:この3日間の合宿の感想は?
特に言うことはない。今日、播戸が痛んだ。残念です。気分はよくない。大事な選手だから。こういうことが起こった以上、満足なトレーニングだったとは言えない。ポジティブな面を見ないといけないが、播戸以外のケガ人が出ないことがポジティブと言えばポジティブだ。

Q:大きなプレゼントを待っている
3試合で帰ってくるかもしれないし、4試合、5試合かもしれない。いかなる結果が出ても驚かないことだ。
初めから勝つと分かっているならいく必要がない。過信は負けることよりも危険だ

Q:フィジカル面についてだが、大会のどこにピークをあわせるのか?コンディション作りはアートなんです。(来週)月曜日の5時20分(カタール戦キックオフ時間)にピークを合わせられれば芸術です。

Q:今日は大学生相手に失点したが、守備陣は大丈夫か?
「気にしてません。サッカーは失点をするのは当たり前。死なない人間はいないように、ミスをしない人間がいないのと同じ。失点を前提にサッカーをしないといけない。攻撃に3点絡んだ選手がミスをして、失点に絡んだことを、気にしなくていいですから」


気になったとこだけ、ピックアップしてみました。
選手のコメントは、↓
●阿部勇樹選手(浦和)
「ここでの練習はこれで終わり。これで一区切り。負荷をかけられたり、難しいこともあるけど、監督の経験があるから、それを信じてやっていき続けるだけです」

●川口能活選手(磐田)
「過去2大会は、大会が進むごとにチームがまとまった。今回のチームは2つのチームと比べると大会前のまとまりはある。ただ北京の時の最後の時はすごいまとまりがあった。まだそのレベルじゃない」

●山岸智選手(千葉)
(今日のゲーム?)長いです。自分の役割は完全にDFでした。少しは慣れたけど、最終ラインまで戻ってくることが多くて、攻撃にいけない感じだった。もう少し運動量が上がっていくといい。」

●坪井慶介選手(浦和)
「痛みはゼロではないですけど、プレーに差し支えのある状態じゃない。だからやったわけで。でも60分のゲームは疲れました。今日はカタール対策って意味もあると思うし。チーム全体を見ると、最初は動きが全体的になかった。最後の時間帯に少しスペースができて、それを突いたりできるようになった。徐々にやるべきことがはっきりしてきたから。失点は繰り返さないように。問題があったから失点した。マイナスにならないように、いいイメージを持って取り組んでいきたい」

●太田吉彰選手(磐田)
「周りの人も僕のことを理解しているし、自分は走ってスペースを作ればいい。まだできるはずだし、もっとゴールにつながる動きをしたい。遠藤さんや(中村)俊輔さんがサイドに抜けていいと言ってくれたので、動いていた。みんなしっかり見ててくれるのでパスも回ってきた。スペースに抜けていく動きはイメージしてやっている。ポジションはあんまり関係ないし、流動的にやれば相手もつきにくい」


●遠藤保仁選手(G大阪)
「向こうの暑さは湿度80%以上と聞いているし、気温も日本より高いらしい。3~4日で100%慣れることはできないと思うけど、あんまり気にしていない。勝たなきゃいけない気持ちも強いし。最初の10~15分で先制するのが理想的。そうすれば間違いなく自分たちのペースになる。そういう展開にしたい。いろんな経験をしているし、みんなでやっていきたい。相手はボールウォッチャーになることが多いから突いていきたい。3人目の動きも大事だし、やらないといけない」

●中村俊輔選手(セルティック)
「今日は70%くらいずっと走って、後半は好きなようにやった。最初の時間は簡単じゃなかったけど、スペースが空いてきたら連動したし、自分もいいものを出せた。その時間帯までは回していくことが大事。今日もラスト15分はいい面を出せたかなと言う気がする。出し手というイメージだけだといけない。こっちも受け手としてFWと連動して流れを変えるとかも必要だと思う。ボールも人も動くのが一番いい。今日も橋本が1回相手に当たってFKから自分に来てゴールが決まったのがあったけど、あれもまだ周りを見ながらやっている。強い相手だとガチっときてやられる。まだこうしなきゃいけないという意識でやってるから、それをスムーズにしていくことが大事だと思う」

●中澤佑二選手(横浜FM)
「今日の厳しいコンディションの中でどれだけできるか。余力を考えずにどこまでプレーできるのかを考えてやった。チーム全体を見ると、羽生とかが1人で動いている場面があった。暑いし、もっとチーム全体で動かないといけない。コンビネーションが大事になってくる

●巻 誠一郎選手(千葉)
「今は選手たちのコンディションがバラバラだし、そういう意味でコンディションを統一したい。点を取れたのはいいことだけど、試合全体としてもっと動けないといけなかった。今日の暑さでもしんどかったので試合はもっときつくなると思うけど。最近は中であわせる場面で、サイドに流れずに中央で力を出そうと思っている。それが得点に結びついたのかもしれない」

ここからは、Sport@nifty「サッカー日本代表特集より」抜粋

●矢野 貴章選手(新潟
「全体的にミスが多く、自分としては苦しい展開になってしまった。試合が60分ということで難しい面もあった。
アジアカップを前に連戦とか言ってられないし、こういうキツイの(60分という通常より長いハーフでのゲーム)を経験できたのはよかった。
今日の、終盤はお互いの動き出しを意識してうまくやれていたので、あとはそういう時間を増やせれば…。(高原からは)パスをもらえなくても動きを止めないようにと言われている。」



●佐藤寿人(広島)

「満足できる内容ではなかったが、今日はしっかり体を上げること、走ることが目的だったので、そういう面ではある程度できたと思う。
60分は経験があるものではないが、そんなキツイ状況のなか、どれだけ攻守の切り替えができるかが大切だったと思うが、まずまずできた(走れた)と思う。疲れがあるなかで、どういうプレーができるかを考えることも大事。これまでの大会でも、ハードな日程のなか結果を出している。何か問題があっても、それに対応することができるようにしたい。
3連覇は口に出さなくても、みんな意識している。しっかり点を取って勝利に貢献したい。」



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。