オシムジャパンを応援するぞ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合宿終了


24日から始まった合宿も、流通経大学との練習試合で終了した。

練習試合の結果は9-0で日本代表の勝ち。

1本目60分4-0
スタメン4-2-1-3
GK川口(30分で楢崎と交代)
DF(右から)橋本、中澤、阿部、本田
MF 遠藤、家長、前田
FW 播戸、巻、佐藤

駒野、加地が控えでスタート。
その後10分~12分ごとにフィールドプレーヤーは2人ずつ交代する。
阿部は60分フル、中澤が50分プレーする。

・得点者…前田(7分)、播戸(26分)、本田(33分)、佐藤(50分)


2本目
スタメン
4-4-2
GK 川島(30分で西部と交代)
DF(右から) 伊野波、坪井、今野、山岸
MF 鈴木、中村憲、中村俊、羽生
FW 矢野、高原

水野、太田が控えでスタート
その後、10分~12分ごとにフィールドプレーヤーは2人ずつ交代する。

俊輔、高原のみ60分フルプレー。

・得点者…矢野(8分)、中村俊(17分)、水野(19分)、高原(35分)、中村俊(54分)



いいですね^^
お見事。

やっぱり大学生相手だし、このくらいはやってくれないとねw

この試合で、メンバー選考がどうこうってのはないんだろうけど
合宿の成果がどれだけ出てたのかが問題だよね。
選手達のコメントとか読むとまずまずだったのかな?って
思ったりもしたんだけど。


最終日で、やっとオシム監督のコメントがアップされた。

6/27練習後のオシム監督(日本代表)コメント  [ J's GOAL ]

気になったとこをとりあえず抜粋。

Q:合宿を経て最終メンバーの23名を決めるが、特に何を見たのか?

「そんな質問をしても手遅れです。そんなことは重要ではない。これまでの総合的な要素です。週末(6/30、7/1)にJリーグが1節残っているが、大きな比重ではない。選手が負傷しないかどうかを心配するだけだ。ギリギリになって23人をどう選ぶかと考えていたら、私は代表監督の仕事をしていないことになる。

個人的に見ていちばんの問題は、23人選ぶにあたって誰かを外さなければいけないこと。そういう選手に対して非常に複雑な思いを感じる。今回はトレーニング外の生活態度もよかったのに、外されたことが一生あとを引くということもあり得る。誰を選んでも不満が出るだろうが、私はできるだけフェアに選びたい。アジアカップ以降の将来性も考慮する。」



ギリギリではないって言ってるけど、23人は決まったんだろうか。
アジア杯のHPに多分16日時点での登録メンバー30人が載ってる。
上から順番に登録されるとすると、23人目以降は24番橋本、25番播戸、26番水本、前田、太田、伊野波、西部の7人になっていた。

闘莉王、水本は、今回のアジア杯はケガで召集しないことになったから
多少の変動はあるとしても、水本を除く6人の中から1人だけがメンバー入りするって言う計算になる。

あくまで、計算上の話だけど。

6人の中では、DF登録の選手はいない・・・

練習試合だと、橋本、伊野波がDFとして出てるけど
この2人のどちらか、というような単純な選択はしなそうだし。

にしても、DF2人の離脱は厳しいよね。
中澤、坪井、加地、駒野だけだもんなぁ。
阿部はDF登録になりそう。
今野もかも。

とりあえず、Jリーグの30日の試合でこれ以上ケガ人が出ないことを祈るばかり。。。


予想しても仕方ないけど、とりあえず予想しよw

GK:川口、楢崎、川島
DF:中澤、坪井、加地、駒野、阿部、今野
MF:俊輔、遠藤、憲剛、啓太、山岸、羽生、水野、本田、家長
FW:高原、矢野、

( ̄へ ̄|||) ウーム
後3人が決めかねる。

橋本か、伊野波か・・・
FWは、巻、播戸、寿人、前田・・・誰がいいんだろう。

橋本は、今回の練習試合で、右サイドバッグ、ボランチ、センタ~バックをやったって言うから、便利と言うか、なんと言うかw

寿人はJでの実績があるから得点の匂いするし、
オシムジャパン発足からのメンバーだし。

巻もずっと呼ばれているし、暑さには強そうだけど
ここんとこ不調っぽいのか、キリンカップでもスタメン落ちしてたし、どうなの?!みたいな。。。

播戸はさぁ・・・勢いというか、がむしゃらさがいい、と言うか
何かやってくれそうだし、ムードメーカー的な感じするじゃん。

前田は、やっぱ今かなり好調な感じだし・・・
でも、前田を呼ぶなら太田もセットがいいかなぁ、とも思うし
サウジ戦(札幌)のときは、召集されただけで出場してないしなぁ。

伊野波は、中東遠征のとき召集されてるから暑さに強いってことなんかなぁ・・・と思ったり。。。


やっぱり決められない。
(T▽T)アハハ!


グダグダ長くなった。


とりあえず、選手のコメントを『続き』にアップ。

さて、最後までに全員のコメントが載ったかな??
【日本代表候補 トレーニングキャンプ】6/27練習後の日本代表選手コメント  [ J's GOAL ]

●川口能活選手(磐田)
「立ち上がりが重かったのは、多少の疲れもあって。相手も日本代表との練習試合を何度もやっているので、特徴も分かっていると思うし。最初からプレッシャーをかけてきたんで、パスコースがうまく作れなくてきつかった。徐々にパスが回るようになってきた。限られた時間の中でアジアカップを想定した試合ができた。一緒にやる時間が少ないんで、相手をイメージしながらトレーニングしていければいい。何度もこうして合宿をやって、チームとしてまとまりも出てきている。チームとして何をやるかという意思統一はできている。あとは1つ1つのプレーの精度を上げること。やろうとしていることに対してのまとまりは出てきた」

●遠藤保仁選手(G大阪)
「相手の弱点を突くことをもっと理解しながらやらないといけない。今回の合宿ではカタールやUAEのキーマンが誰だとか、右を中心に攻めてくるだとかいったことは分かった。次の合宿はもっと具体的になると思う。監督は準備期間が短いといっているし、相手のイメージだけでも持つことは大事。次も3日間の国内合宿だし、現地でも調整しかできないから、その中で相手のことを考えながらやりたい。
今日の練習試合で、10分おきにメンバーを代えたのは選手に均等にプレーさせたかったからじゃないかと思う。みんな疲れていたし、そんなに深い意味はなかった。カタールとUAEのイメージを持ちながら…というのは、相手は大学生だし、フォーメーションも違うから難しかった。でもサイドから数的優位を作るとか、ミスを少なくするとかは本番と一緒。まだまだ中途半端にプレーしているところがあるから修正したい。
裏への飛び出しとか、1人1人の動きとか、数的優位を作ることとか、ダイレクトプレーへの意識は高まった。走る量も増えているんじゃないかと思う」

●加地亮選手(G大阪)
「今日の練習試合は立ち上がりから相手が全力できたが、徐々にこちらもペースが上がってきた。最初からできればよかったけど…。今後はさらに厳しい環境になるし、この中でやっていけるように競り合いとか球際とかに注意したい。
ヨーロッパを相手にするのは違ったやりにくさがあるけど、アジアを相手にするほうがよりやりにくいと思う。アジアカップはハードな大会になることは間違いない。アジアの国は細かくつないでくるし、スピードもタフさもある。日本に似ているチームも多いし、ヨーロッパの監督が増えて洗練されてきている」

●佐藤寿人選手(広島)
「今日はゴールできたが、自分のことよりチームとしてどれだけうまくできるかのほうが大事だった。今日はバランスがよくなかったし、消化不良の部分もある。立ち上がりはFWが4人だったからというのもあると思うけど…。普段の合宿ではFW3人ずつを2つの組に分けるけど、今回は、1本目組は最初から4人だったんで。遼一(前田/磐田)はもともと中盤もやった経験があるから1列下がってくれたし、僕も1つ後ろとかサイドとかでプレーするようにした。でもバランス的にはどっちつかずの部分があった。もっとハッキリした仕事ができればよかったけど。それにカタールやUAEを想定して、もっとサイドでの数的優位を作った攻めができればよかった。その辺が本番に向けての課題になる」

●播戸竜二選手(G大阪)
「今日の試合のゴールに関しては、いつも自分がやっているゴールに向かうプレーをしようと意識した。アシストもできて点に絡めたことがよかった。アピール? どうなんでしょう。それ以外にもプレーを見てもらっているし、今日だけでどうということはない。練習中にもいろんな選手と話せてコミュニケーションが取れたのはよかった。FWは絞り込みがあるポジションだが、その中で自分がポリバレントな部分を出すのか、スペシャルな部分を出すのか…分からないけど、両方できるように。そして楽しいサッカーができるようにしたい」

●巻誠一郎選手(千葉)
「もうちょっとFW同士がうまく動ければよかったんだけど。次、頑張ります」

●中澤佑二選手(横浜FM)
「まずは週末にJリーグがあるんで、しっかりとコンディションを整えたい。今日はなかなか吸水も取れなかった。60分ぶっ続けという話は聞いていなかった。自分では大丈夫だと思っていたけど、さすがに最後はぐったりした」

●前田遼一選手(磐田)
「足首をちょっとひねったんで途中でやめた。この3日間は、うまい人とできてよかった。
練習試合では、FWが4人のグループだったので、自分から2列目の位置に入った。アピールに関しては、FWをやっていないから…。中盤もボランチもやったし、普段と違った感じがよかった。ゴールはラッキー。でも自分は貪欲にアピールするタイプじゃないんで、いつもと同じようにやりました」

●今野泰幸選手(F東京)
「DFにケガ人が出たことは、代表チームとして痛い。でもやるしかないし、自分が出られたら責任を持ったプレーをしたい。監督に求められる役割を出したい。どうなるか分からないけど、今までもいろんなポジションをやってきたし、経験していないよりはいいと思う。いろんな位置でやれるようにならないといけない。昨日のDFのミーティングでは、相手の特徴を知って、顔まで覚えていく方がやりやすいという話があった。あとはこっちが攻めている時のFWのポジションに気をつけることとか。アテネ五輪の時も、相手1人1人の特徴や背番号なんかは覚えたんで、特別というわけじゃない」

●中村憲剛選手(川崎F)
「コンビネーションとしては、完璧まではいっていないけど、思ったことを言って、やりやすくはなってきている。パスコースもいろんなところに作ってくれて、こっちも出しがいがある。俊さん(中村/セルティック)との連携は、どういうふうにボールを受けたいか、まだ分からないところがある。でもよくなっているかな。ゴールにつながったシーンは、俊さんがサイドでタメていたんで、一発のサイドチェンジでチャンスが作れた。俊さんのダイレクトパスがうまかった。タカさん(高原/フランクフルト)のことも分かった。思ったことを言ってくれるからやりやすい。タカさんはいったんクサビを入れることを大事だと思っているFW。サポートすればチャンスを作ってくれる。お互いに役割が混じり合わないようにしたい」

●水野晃樹選手(千葉)
「サッカーだけじゃなく、私生活でもコミュニケーションを取って、自分を成長させたい。チームのメンバーは変わるけど、個人的にはまず試合に出て、途中からでも何かしたい。何かの変化を起こしたいと思う。まだ何回って数えられるくらいしか日本代表には来ていないけど、常に呼ばれて、試合に出たい。どんどん欲が出ている。練習でも今日みたいにタカさん(高原/フランクフルト)と一緒になることが少なかったけど、特徴は分かってきた。今日のゴールシーンも後ろからタカさんが入ってきたのが目に入ったから、合わせようとした。海外でやっている人と一緒にやるのはプラスになる。ここで学んでることは自分のためになっているし、自覚を持ってやっていきたい。自分はまだ若いので、上へいくための糧にしたい。アジアカップは難しいと思うけど、日本は技術がしっかりしているし、オシムさんのしっかり走って考えるサッカーも浸透してきている。日本はアジアの先頭を走っていかないといけないと思う」

●高原直泰選手(フランクフルト)
「今日の練習試合については、たくさん点を取れればいいということではなかった。アジアカップはもっと暑いから、そういう気候の中でいかにサッカーをするかが大事。自分のコンディションはとりあえずよかった。60分間やってフィジカルも上がってきた。キリンカップの前より状態はいい。大学生相手だけど点も取れたし、ゴールの感覚も自分の体の中に叩き込めたのがよかった」

●中村俊輔選手(セルティック)
「アジアカップというのは独特の戦い方がある。スピードの強弱もそう。相手が落ちてきた時に、むやみにスピードを上げるとカウンターを食らう危険性がある。空いているところにボールを動かせば走る距離も少なくなり、ボールも動くし、相手も疲れる。
タカ(高原/フランクフルト)はもっと強引に行ってもいいと思う。FWのミーティングで守備の意識をもっと高くするように言われたみたいだけど…。タカの個人技が出ると周りもやりやすくなる。みんなやることは分かっているし、個人的には前よりもスムーズになってきた。もっと表現できればいい」


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。