オシムジャパンを応援するぞ!!

Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もはや、選手達は気持ちを切り替え自分達のチームに
戻っていることでしょう・・・

が・・・

まだまだあたし的には切り替えが出来ませんので
振り返りパート2を(笑)

まずはオシム監督のアジア杯後のコメント
JFAサイトより抜粋

試合内容は、これまで1年間、私が話してきたことが表れたと思う。
時々、女房は変えたいと思うが(笑)、自分自身は変えたくない。
それがベストがどうか断言はできないが、
いまの方向でよりエレガントで効果的な方向に進めればいいと思う。
それはオシムのスタイルではなく、いまのサッカーの方向なのである
ヨーロッパの強いリーグのチームは、
同じ方向性を目指している。
しかし、そのリーグの選手と日本代表の選手には差がある。
日本代表の選手がヨーロッパの一流選手のような役をして、
その役に扮して演じるということはできると思う。
そして、ある期間は、それがうまくいった。
しかし、今度はその役を演じるのではなく、
自分自身が良いプレーヤーになるべきである。



とのこと。
俊輔や、遠藤のことかな。。。
この2人には、もっともっと高いレベルを目指して欲しい。

続いて選手達。
【川口 能活選手コメント(抜粋)】
「サッカー漬けの毎日だった。
アジアの大会というのは独特の戦いがあって、
初めて経験する選手も多かったし、
経験という意味ではいい勉強になったと思うが、
チームの底上げはしていかないといけない。
ただ、1年経って、着実に進歩しているが、
足りなかったところがあったから勝てなかった。
暑い中で集中するのは難しいが、
この大変さを活かすことが大事だと思う」


【中澤 佑二選手コメント(抜粋)】
「チームとしての方向性は見えたと思うので、
あとは個のレベルのアップ。
上にあがるにつれ、(対戦相手の)個が強くなってきている。
僕が若い選手の評価をする立場ではないが、
(初めてアジアカップを経験した若い選手たちは)
移動も大変だったし、がんばったと思う。
良いプレーと悪いプレーが自分の中でわかったと思うので、
それを次までにどこまで修正できるかが重要だ」


【中村 憲剛選手コメント(抜粋)】
「結果は4位だったが、このような経験をしたのは初めてだったので、
個人的にはアジアの国との真剣勝負で得るものが多かった。
6チームと対戦し、どれもタイプが違い、
引いてくる相手もいれば、ガツガツくる相手もいた。
それに対して、試合ごとに自分の役割が変わっていく中で、
暑い中でミスをしないでボールを回すというのが大切だった」


【中村 俊輔選手コメント(抜粋)】
「優勝はできなかったが、どの試合でも日本の形ができたので、
個人の感覚としては悪くないと思う。
アジアカップというだけで、前の大会と比較しすぎるのは良くない。
残りの3年をどう活かすか、どう変わるか。
今回の反省を活かして、強い国と戦って前に進まないといけない」


【高原 直泰選手コメント(抜粋)】
「自分たちが、こういうサッカーを目指しているという
根本的なものを、今後はより膨らませて、
もっといろんなバリーションなり、
攻撃の質なりを上げていく必要がある。
今大会に限っては、自分たちの目標は果たせなかったが、
チームの骨格は見えてきたし、
監督が考えるサッカーの浸透度を
選手が汲み取って、質をあげないと
監督が考えているところに追いつかないと思う」

とのこと。
日本の骨格は確かに見えた。
目指しているサッカーもずいぶん見えたと思う。

もっともっとスピードを上げて
いろんな攻撃のバリエーションを増やして欲しい。

頑張れ~~~!!
>> Read More
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

アジア杯の全日程が終わった。

決勝戦はイラクvsサウジで、結果はなんと
1-0でイラクが勝った。

そうかぁ・・・って感じ。
サウジ負けたんだぁ・・・みたいな。

イラクは今大会、失点2なんだそうで。
守備がいいんだねぇ。
ちょっとうらやましかったり(笑)

ま、他の国をうらやんでも仕方ないかっ!

日本はどうだったのか?と言えば・・・
守備も攻撃も課題がてんこもりに見つかった大会だった感じ。
もちろんこの1年間で積み上げた『考えて走るサッカー』は
十分すぎるほど機能してたし、パス回しも素晴らしく
相手のこともあるけど、試合はほとんど支配出来ていた。

が・・・
最後んとこだよね。
肝心のゴール前。

それから、守備。
忘れてならないのは、今回闘莉王がケガでいなかったし
水本も続けて離脱しちゃって、本職じゃない阿部ちゃんだったので
ここは、改善されそうだけどね。


ところで、今回気になったのはユニホーム。

ちょっと写真を。
カタール
カタール戦:ドロー


UAE
UAE戦:勝ち


ベトナム
ベトナム戦:勝ち


豪州
オーストラリア戦:ドロー(PK戦で勝ち)


サウジ
サウジ戦:負け


韓国
韓国戦ドロー(PK戦で負け)



画像が汚くて申し訳ないのですが・・・(^^;

今回の結果に限り、上下青の時はダメダメです。
下が白の時しか勝ってません。

まぁカタール戦に関しては、PKやってないので分かりませんが。

UAE、ベトナムと白だったのでサウジ戦で、上下青になったとき
(; ̄ー ̄)...ン?と思いました。

韓国戦で、まずいって~~~!!!!!って思いました。
案の定でしたwww


ちなみに予選でサウジに負けたときも上下青でした。
_l ̄l●lll ガクリ・・・


内緒ですが、ロスタイムの我那覇のゴールで勝ったイエメン戦も
上下青なんですけどねっっ(^^;



って関係ないかぁ~~~(笑)

こんなことを気にしなくてもいい代表になってほしいです!

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

さて。
韓国戦は、もうなんとも言いようがない。

どこかの記事に書いてあったけど、移動のミスとかで
すっかりバツゲームみたいな状態だったよね。
準決勝で敗れて、凹みまくってるとこなのに。

前日練習も深夜だったみたいだし・・・

まぁ、サウジに負けたのが悪いのかもしれないけど。


オシム監督はフレッシュな選手を使うかどうか悩んでると
前日の会見でも言ってたけど、
韓国戦のスタメンは結局巻→山岸になっただけで
変わらなかった。

このことに関しては、もう一度、良かったのか悪かったのか
確認したかったってことだった。

果たしてどうだったんだろう。
カタール戦と同じスタメン。
誰が良くて、誰がダメだったのか・・・


韓国は、今回の大会、あまり良い状態じゃなかったから
いけるかも?の自信があったんだろうな。
オシム監督は、今回のメンバーに十分手ごたえを感じていたと思うし
きっと結果を出してくれるはず、いや、出させてやりたいって
気持ちだったに違いないと思う。

体力があるうちに、先制点を挙げて、その後で
水野や、太田、あるいはもう一度橋本とかを使いたかったのではなかろうか・・・

って、スタメンを見たときのあたしの妄想ですが・・・

妄想空しく、残念ながら、韓国のメンタルに負けたワケで。
退場者が出たことも、日本にではなく、韓国に有利に働いてしまった。

そんな予感がしたんだよなぁ。
他の国ならいざ知らず、韓国だもん。

中澤のシュートや、高原、羽生、寿人のシュートが決まらなかったとき
それから啓太のすごいシュートミス・・・
運なさすぎみたいな。。。
サウジ戦みたいだった。

もう、これはPK戦確実だと思った。

そして、オシム監督の言う、『内容が悪い方がPK戦は勝つことが多い』との言葉どおり
韓国が勝った。

PK戦も韓国のGKは、全然読めてなかったのに
羽生のシュートを反対に飛びながらも伸ばした右手で止めた。

対する川口は3本は読みが当たっていたのに
あとちょっとのところで止め切れなかった。

ここにも韓国の強さがあり、日本にはツキが無かったと思う。


たしかにショックだったんだけどさ、韓国戦はそうでもなかったな。
なんか、こんなもんかなって。
体力的にも、もうハノイの4試合(特に豪州戦)で限界だった感じするし。
サウジ戦がね。勝ちで決勝戦だったらね。
勢いで、体力もカバーできたんだろうけどさ。
3位決定戦だもんねぇ。
勝っても3位。
優勝はない。コンフェデも無い。

少なくとも、韓国以上のモチベーションを持つのは難しかったのかと。


ってなことで、韓国戦のスタメン&交代

GK:川口
DF:中澤
   阿部
   加地 
   駒野
MF:啓太
   憲剛(後半27分羽生)
   俊輔
   遠藤
   山岸(後半33分寿人)
FW:高原(延長後半10分矢野)

0-0
PK韓国○○○○○○
  日本○○○○○×(俊輔→遠藤→阿部→駒野→中澤→羽生)
   
サウジ戦のあとショックで振り返れなかったので
今さらだけど、記録として残しておくことにする。

敗戦だしね。

のちのち読み返すこともありそうだし。


試合結果 日本2-3サウジアラビア(準決勝)

スタメン
GK:川口 能活(Cap.)
DF:中澤 佑二
  加地 亮
  駒野 友一
  阿部 勇樹
MF:中村 俊輔
  遠藤 保仁(後半30分羽生直剛)
  中村 憲剛(後半42分矢野貴章)
  鈴木 啓太
FW:高原 直泰
  巻 誠一郎(後半23分佐藤寿人)

得点:前半35分ヤセル
   前半37分中澤
   後半2分 マレク
   後半8分 阿部
   後半12分マレク

試合後のコメント

オシム監督

「サウジアラビアにおめでとうと申し上げます。
同時に日本選手もよくやってくれた。
負けたわけだが、最後まで全力を出してくれた。
残念ながら疲労が選手を上回ってしまい、
特にチームの中心の重要な選手が
そういうことになってしまった。
疲労から集中力が失われたり、
アイデアが出なかった。それが残念である。
内容から言えば、チャンスの数では、
日本の方が遥かに多かった。
ただし、向こうの方が幸運に恵まれていた。
日本は攻撃をしていて、
得点が決まらないうちに疲労が溜まってしまった。
つまり、得点に結びつける
効果的なプレーが不足したということ。
逆にサウジアラビアは、こちらの集中力が欠けた時間帯に
3回のチャンスを全部得点に結びつけることができた。
結果としてサウジアラビアが勝ったが、
日本が3回追いつくことはできなかった。
今後、克服しなければならない課題もあるだろう。
しかし、日本の力が劣っていたとは決して思わない」




ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

思い出してきた。。。
先制されたシーン。
FKのこぼれ玉打たれたんだよな。
一瞬の隙。。。

この後すぐ中澤のボンバーヘッド・・・
あの時の中澤の顔はすごかった・・・
ボンバーヘッド!


試合は振り出しに戻って前半終了した。

が・・・

後半2分。
サウジが得点する。

日本の後半の入り方、まずかったんじゃ?!
のんびり構えてたんじゃないのか?!
と思った瞬間だった。

今だから言えることだけど、ここで負けを意識しちゃったw


でもでも・・・
またしても日本が追いつく。

阿部の技ありボレーシュート!!!
阿部ちゃん



このときの阿部ちゃんの顔もすごかった。
感動してるのかと思いきや、痛かったのね。
(T▽T)アハハ!


っしゃあ~! まだまだいける!と思ったあたし。
単純だわさ(笑)


って思ったのもつかの間だったわけで・・・
マレクがあっと言う間にDF2人を抜き去り、
3点目を叩き込んだ。
阿部ちゃんの手が痛くなかったら
止められただろうか・・・


すごい打ち合いの試合だった。
日本4位が決定


ショボーン(´・ω・`)


あ~あ。。。

詳しいことは明日にしよ。

なんだか疲れた。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Fight!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。